玄米酵素オンラインショップ

玄米酵素の食べ方・食べる量

玄米酵素の食べ方・食べる量

「玄米酵素はどうやって食べればいいの?」そんな疑問をお持ちの方へ、玄米酵素の食べ方をご紹介します。
ご自分に合った方法で、毎日無理なく続けてください。

カウンセリングスタート

玄米酵素ハイ・ゲンキの食べ方・飲み方

水やお茶などでお飲みください。

はじめて食べるときのコツ

商品別オススメの食べ方・飲み方

顆粒が細かいタイプ

そのまま水やお茶で飲むのがオススメです。

  • ハイ・ゲンキ スピルリナ
    ハイ・ゲンキ スピルリナ
  • ハイ・ゲンキ 霊芝
    ハイ・ゲンキ 霊芝
  • ハイ・ゲンキ グルカン
    ハイ・ゲンキ グルカン

顆粒が大きいタイプ

水やお茶と一緒に噛んで食べるのがオススメです。

  • ハイ・ゲンキ プレーン
    ハイ・ゲンキ プレーン
  • ハイ・ゲンキ ビフィズス
    ハイ・ゲンキ ビフィズス
  • ハイ・ゲンキ 花粉
    ハイ・ゲンキ 花粉

そのまま食べるのが苦手でも大丈夫!毎日の食卓にプラス!

豆乳ヨーグルトに混ぜて
豆乳ヨーグルトに混ぜて
生ジュースやスムージーや豆乳に入れて
生ジュースやスムージーや豆乳に入れて
シリアルに入れて
シリアルに入れて
サラダにふりかけて
サラダにふりかけて
少し冷めたみそ汁やスープに入れて
少し冷めたみそ汁やスープに入れて
納豆に混ぜて
納豆に混ぜて
デザート作りに
デザート作りに
ソースやディップに混ぜて
ソースやディップに混ぜて
豆乳アイス、豆乳プリン、ゼリー、寒天などにふりかけて
豆乳アイス、豆乳プリン、ゼリー、寒天などにふりかけて

※酵素は熱に弱いため、加熱したり、熱いものに混ぜるのは避けてください。
玄米酵素のアレンジレシピ集はこちら

食べるタイミング

体重管理、カロリーが気になる方は「食事の前」に

食事を減らしたい方、ダイエットをしたい方の多くは、食前に食べているようです。
空腹のときに玄米酵素を食べると、食物繊維がおなかで膨らむため、空腹感を減らすことにつながります。

おやつを食べる前や、おなかがすいたときに食べるのもオススメです。

体重管理、カロリーが気になる方

食べたものの分解を助けるには「食事の後」に

食べたものの分解を助ける酵素を活かすという意味では、食後に食べる方が多いようです。

麹の作る酵素が分解を助ける

玄米を麹菌で発酵させている玄米酵素。麹菌は発酵する過程で、デンプン質やタンパク質を分解する酵素をはじめ、多種多様な酵素を作ります。
食べものに含まれる栄養素には、体内に吸収しづらいものもありますが、酵素は栄養を分解し、体内に吸収しやすい形に変えます。

麹の作る酵素が分解を助ける
お酒の席で

不足しがちなビタミンB群を補うことができます。
お酒を飲む前・飲みながら・飲んだ後、いろいろお試しください。

お酒の席で

食事の代わりに(一食だけプチ断食)

時間がない時は、玄米酵素だけで食事を済ませてもOK。多くのモデル・芸能人が美と健康のために取り入れている「断食」もできます。

食事の代わりに(一食だけプチ断食)

食べる量の目安

1日の目安量をもとに体調に合わせてご自由にお召し上がりください。

1日の目安量
  • ハイ・ゲンキ(顆粒タイプ)3〜9袋
  • 玄米酵素(粉末タイプ)10〜30g
    (計量スプーン大さじすり切り1杯で約5g)

ハイ・ゲンキ

1日3袋、1日6袋の栄養効果を詳しくみる
子供
※お子様の場合は、適宜量を減らしてください。体重10kgあたり1日1袋(3.5g)が目安です。

食べ忘れ防止チェックシート

玄米酵素を毎日忘れずに食べるためのチェックシートです。
プリントアウトしたシートに毎日1個チェックをして、楽しく食改善を続けましょう。