玄米酵素オンラインショップ

安心・安全のために

安心・安全のために

私たちは、原料の生産農家や製造工場への監督と適正な検査を通じて、「安心・安全・高品質」な商品をお届けします。

原料の安心・安全について

安心・安全01

保存料・着色料は使用していません。

安心・安全02

残留農薬のチェックを行い、安全を確認しています。

玄米と大豆は契約農家毎に年一回、胚芽・表皮は年4回、外部機関でポジティブリスト制度に則った残留農薬検査を実施しています。
大豆、表皮・胚芽は、納入日毎に社内で簡易農薬検査を実施しています。

安心・安全03

放射能のチェックを行い、安全性を確認しています。

主原料は、外部機関で放射性核種ごとに放射線量を測定、製品は出荷前に社内で放射線量を測定しています。

玄米や大豆は、北海道の契約農家さんが生産します

早川仁史さん

早川仁史さん

『安全・安心』を求め、「ああ、美味しかったね」、と言っていただけるお米づくりに頑張っています。

熊崎隆久さん

熊崎隆久さん

自然豊かな北海道新篠津村で安心・安全な栽培に力を入れています。

佐藤さんご夫妻

佐藤さんご夫妻

寒暖差の大きい足寄町大誉地で生まれた大豆です。私たち家族が育てる『自然の力』でたくましく育った北の豆です。

妊婦さん、授乳中のママさん、お子さまも食べています。

結婚してからずっとハイ・ゲンキを毎食後に3つ食べています。
妊娠中、産後もかかさず食べ続けています。
母子ともに健康に過ごし、1歳を迎えることができました。
これからも続けて家族みんなで元気に笑顔で過ごしていきたいと思っています。

千葉県 木村香菜子さん、結衣(ゆい)ちゃん

品質の保証について

工学博士 藤田仁

麹菌の研究が専門です。麹菌の力を最大限生かせるよう努力しています。

国際的な品質管理規格「ISO9001」の認証を取得

「ISO9001」とは

ISO9001

ISOは、国際標準化機構という名称のスイスに本部を置く非政府組織の国際機関のことで、昭和49年に発足、現在120カ国以上が参加しています。

ISO9001は、企業の品質管理の手法や実施状況が適正であるかを判断する認証制度の1つです。

ISO9000シリーズの審査を受けて認証されることで、国際的にも認められ、世界市場でも信頼されます。
玄米酵素の工場は、定期的に内部監査と外部監査によって認証を継続しています。

世界レベルの衛生管理「北海道HACCP」の認証を取得

「北海道HACCP」とは

北海道HACCPとは、北海道が独自に作った食品製造の衛生管理の仕組みです。
玄米酵素製品(顆粒・粉末)と元氣大豆21が北海道HACCPの認証を受けています。

haccp

植物発酵食品部門で初の「JHFA認定マーク」を取得

「JHFA認証マーク」とは

公益財団法人 日本健康・栄養食品協会が認定するマークのことで、“健康補助食品”の安心、安全のマークともいえます。
協会の審査によって適正と判断された製品に、表示が許可されます。
「ハイ・ゲンキ(スピルリナ)」は、昭和63(1988)年に植物発酵食品部門で初のJHFA認定マークを受けています。

JHFA

放射能検査体制について

1
主原料の外部検査(放射性核種検査)について
  1. 契約栽培している、玄米・大豆は収穫時に、胚芽・表皮は年4回、外部検査機関で放射線核種ごとに放射線を測定し、安全性を確認しています。
  2. 2012年3月21日から、分析の感度を20Bq/kg以下から5Bq/kg以下に変更しています。
    定量下限(※)は下記検査結果のカッコ( )内に値を記載していますので、ご確認ください。
    ※定量下限について…検体により下限値はバラバラのため、最も検出下限の値が高いものを採用しました。
2
製品の社内検査(放射線量検査)について

工場では製品のロット毎に放射線量を測定しています。
社内規定で、製品の放射線量と自然放射線量(宇宙・大地・食品・大気からの放射線)の差が「0.06µSv/h以上」の場合は出荷しないと定めています。
2012年の検査開始以来、社内規定の数値を超えたことはありません。

工場見学