玄米酵素オンラインショップ

特集記事

前ページに戻る

旬の野菜で夏バテ防止!おすすめ食材もご紹介
2019年08月09日

旬の野菜で夏バテ防止!おすすめ食材もご紹介

じっとしていても汗がにじみ出るような、厳しい暑さが続いていますね。

高温多湿の天候が続くこの季節は、夏バテや食欲不振、胃腸障害、お肌のトラブルなど、なにかと健康・美容に影響が出やすくなります。

そんなときに役立つのが、旬の夏野菜たち!旬の食材には、旬にあった効果があります。

今回は、夏に取りたい旬の野菜とおすすめの食材をご紹介します。



夏に取りたい旬の野菜と栄養





トマト


カロテノイド系色素のリコピンには抗酸化作用があり、熱に強いので加熱しても壊れにくく、油分と一緒に取ると体内での吸収率がアップします。毛細血管を強くするケルセチンはビタミンCの体内利用を高める働きがあるので、美肌効果も期待できます。


きゅうり


カリウムを多く含むため、ナトリウムの排出を助け、むくみ予防に役立ちます。また独特の青臭さの成分であるピラジンは、血液をサラサラにして血栓を予防する効果があります。ぬか漬けにするとビタミンB1が約9倍、カリウムとビタミンKが約3倍、ビタミンCが約1.5倍にアップします。


かぼちゃ


粘膜を強化するβ-カロテンをはじめ、抗酸化作用のあるビタミンCやビタミンEが豊富。β-カロテンは体内でビタミンAに変換し、ビタミンC、Eと一緒に取ることで相乗効果を発揮します。


にんにく


匂い成分であるアリシンがビタミンB1と結合してアリチアミンという物質に変化し、ビタミンB1による疲労回復効果を高めてくれます。ビタミンB1の多い食品(玄米や大豆など)との相乗効果が期待できます。


なす


なすの紫紺色はナスニンと呼ばれるアントシアン系色素(ポリフェノールの一種)で、強い抗酸化作用があります。夏野菜の中でも体を冷やす効果が強く、体のほてりをとってくれます。


ミョウガ


独特な香りの成分であるアルファピネンは、食欲増進、呼吸器の機能を高め血液の循環をよくします。またカンフェンという成分には、抗炎症作用、抗菌作用があります。


しそ(大葉)


香りの成分ぺリルアルデヒドには防腐・殺菌作用があり、さらに食欲増進効果や健胃作用もあるとわれます。


ゴーヤ


苦味成分のモモルデシンは肝機能を高め、血糖値の降下に効果があります。また胃液の分泌を促して食欲を増進させるので、夏バテ解消に◎。ゴーヤのビタミンCは加熱しても壊れにくいので、チャンプルーや天ぷらもオススメです。


オクラ


ぬるぬるした粘り気のもとである水溶性食物繊維(ムコ多糖類)が含まれ、胃の粘膜を保護して、たんぱく質の消化吸収を助け、滋養強壮、疲労回復に役立ちます。


モロヘイヤ


β-カロテン、ビタミンC、E、カルシウム、ビタミンK、鉄、葉酸、食物繊維など、免疫強化に関わるビタミンとミネラルのほとんどを含みます。


ピーマン


粘膜を強化するβ-カロテンや、美肌効果の高いビタミンCと、それを助けるルチンを含んでいます。またβ-カロテンには血管をしなやかにする効果もあります。




さらに!夏におすすめの食材




梅干し


梅に豊富に含まれるクエン酸が代謝を活発にし、疲労回復に役立ちます。また酸味が食欲増進、唾液や胃酸の分泌を促し、消化力も高まります。さらに殺菌効果があり、食中毒を防いでくれます。


大豆・大豆製品


代謝に欠かせないビタミンB群を摂取できます。ストレスが多い、疲れやすい、イライラする、といった方にもおすすめです。


ごま


必須脂肪酸のリノール酸や、LDL(悪玉)コレステロールを減少させるオレイン酸などが含まれています。また抗酸化成分のセサミンビタミンE、疲労回復に役立つビタミンB1も取れます。


生姜


抗酸化作用がある香り成分のショウガオール、強い殺菌作用がある辛み成分のジンゲロンなどを含みます。薬効は細かくするほど高まりますが、空気に触れると減少するので、食べる直前に調理をしましょう。







旬の野菜や効果的な食材を上手に取って、夏を元気に乗り切りましょう。