玄米酵素オンラインショップ

特集記事

科学的に証明!少食がよい理由
2021年02月26日

科学的に証明!少食がよい理由

いつでも好きなものを好きなだけ食べられる“飽食・過食”の時代に、「少食」によって得られる様々な良い効果が科学的に証明されてきました。

今回は、そんな「少食がよい理由」の中から一部をご紹介します。


活性酸素を減らし、細胞の酸化(サビ)を抑える



体内で活性酸素が発生すると、全身の細胞が酸化(サビ)して、機能が低下することで老化が進みます。これが「酸化ストレス」と呼ばれるものです。

食べものの栄養素は体内で分解され、細胞中のミトコンドリアの酸化反応によってエネルギー源に変換されます。

摂取カロリーを制限すると、ミトコンドリアのエネルギー代謝が減り、酸素消費量も減るため、細胞の酸化が抑えらます[1]。そのため、老化予防が期待されます。



[1] Rozalyn M Anderson and Richard Weindruch, Interdiscip. Top. Gerontol., 35, 18-38 (2007).



オートファジーを活性化する



オートファジーはギリシャ語で、オートは「自分」、ファジーは「食べる」。

オートファジーとは、古くなった細胞を再利用し、新しい細胞に生まれ変わらせる仕組みのことです。

2016年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大隅良典栄誉教授の研究テーマで、いま世界中の注目を集めています。

酵母から哺乳類にまで及ぶ様々な生物の研究により、断食やカロリー制限をすることによって、オートファジーを発動させることが明らかになっています[2]。

[2] Mohammad Bagherniya et al., Ageing Res. Rev., 47, 183-197 (2018).



若返りホルモンで魅力UP



胃の中が空っぽの状態になると、胃から「グレリン」というホルモンがでます。

グレリンは脳の視床下部に働いて食欲を出させるのが仕事。そして、同時に脳の下垂体に働き、成長ホルモンを分泌させます[3]。

成長ホルモンはさまざまな重要な役割を持ち、主にカラダの「修復」を担っています。別名「若返りホルモン」とも呼ばれ、肌の新陳代謝を支え、美肌作りに欠かせません。

[3] Akio Inui et al., FASEB J., 18,:439-456 (2004).





私たちが元々持っているはずの健康的なカラダの働きを取り戻すためにも、少食はとても効果的です。

そんな少食を実践する方法のひとつが、少しの飲食物をとりながら短期間で行う「お手軽ファスティング(プチ断食)」です。詳しくはこちらの記事をご覧ください。


次の記事はこちら▽
少食にするだけではダメ!気をつけたい食事のポイント
少食にするだけではダメ!気をつけたい食事のポイント