HOME > 会社紹介 > 社会貢献活動

海外教育支援活動

玄米酵素グループでは、アジアの恵まれない子供たちへの教育環境整備を目的に、愛の一食運動を展開し、皆様から寄せられた善意でカンボジアの子供たちに学校や図書館、絵本・紙芝居などの教材をプレゼントしています。

カンボジア学校風景

500円

愛の一食運動

1カ月に1食分を節約して、500円を寄付しようという運動です。集まった浄財と同額を会社でも積み立てています。
玄米酵素グループでは、皆様の温かいご協力をお待ちしております。

【愛の一食運動 ご送金方法】
郵便局に備え付けの郵便振替用紙に【住所・氏名】を明記のうえ、ご送金ください。
口座番号:02730-6-60033
加入者名:玄米酵素 愛の一食運動

■愛の一食運動活動経緯

2002年3月 愛の一食運動開始
2002年11月 カンボジア カンポート州クナン・スナイ小学校に、校舎1棟5教室と児童机100、教師用机、椅子、井戸などを寄贈、贈呈式に出席。
2003年春 カンボジアの子ども達のため、民話の絵本や紙芝居を出版・配布、指導者育成事業へ寄付。
2004年10月 2005年冬に長野県で開催された、
「スペシャルオリンピックス世界大会(SO)」の運営支援金を寄付。
2007年2月 カンボジア バンテイミンチェイ州スレイ・ソポアン郡の村に、
図書館を建設するための支援金を寄付。
2008年3月 カンボジア バンテイミンチェイ州教育養成学校付属小学校に寄贈した図書館の贈呈式に出席。
カンボジア シェムリアップ州ワット・チョック小学校に寄贈する図書館の地鎮祭に出席。
2009年3月 カンボジア シェムリアップ州ワット・チョック小学校併設の図書館を寄贈。
カンボジア シェムリアップ州(ソトニコム郡ポペル集合村クリル・ポン村)クリル・ポン小学校に寄贈する校舎の地鎮祭に出席。
2010年3月 カンボジア シェムリアップ州クリル・ポン小学校に寄贈した校舎の贈呈式に出席。
カンボジア シェムリアップ州カムルー・スロック小学校に寄贈する図書館の地鎮祭に出席。
2011年3月 カンボジア シェムリアップ州カムルー・スロック小学校に寄贈した図書館の贈呈式に出席。
カンボジア シェムリアップ州アクタパ・デイ小学校に寄贈する校舎の地鎮祭に出席。
2011年3月〜 東日本大震災で被災された方々への支援活動
2012年3月 カンボジア シェムリアップ州アクタパ・デイ小学校に寄贈した校舎の贈呈式に出席。
2015年3月 カンボジア バンテイミンチェイ州サムロン小学校に校舎を寄贈

カンボジア 学校・図書館建設

参加者ブログを見る

2008年3月に行われた図書館贈呈式と2009年に寄贈を予定している図書館の地鎮祭の様子

オープンした図書館。中には図書室と多目的室の2教室があります。

オープンした図書館。中には図書室と多目的室の2教室があります。

式典では子供たちによる踊り、感謝の言葉、日本のメロディーに乗せた感謝の歌などが感動的なものでした。

式典では子供たちによる踊り、感謝の言葉、日本のメロディーに乗せた感謝の歌などが感動的なものでした。

折り紙を楽しむ好奇心旺盛な子供たち。素朴で澄んだ眼が印象的です。

折り紙を楽しむ好奇心旺盛な子供たち。素朴で澄んだ眼が印象的です。

新築された図書館を利用して本を読む子供たち。人数に比べ本の数はまだまだ少ない。

新築された図書館を利用して本を読む子供たち。人数に比べ本の数はまだまだ少ない。

図書館で記帳する創業者の岩崎輝明。

図書館で記帳する創業者の岩崎輝明。

カンボジア シェムリアップ州ワット・チョック小学校に寄贈する図書館の地鎮祭の様子。

カンボジア シェムリアップ州ワット・チョック小学校に寄贈する図書館の地鎮祭の様子。

カンボジアへの学校、図書館、教材の寄贈は、社団法人シャンティ国際ボランティア会(以後、SVA)を通じて行っています。SVA(社団法人・シャンテ国際ボランティア会)は、1981年、インドシナ難民の大量発生を契機にカンボジア難民キャンプで開始した支援活動が始まり。以来、図書館事業、学校建設事業、スラム教育文化支援事業、伝統文化支援事業を行っており、着実に成果をあげています。

その他の活動

スペシャルオリンピックス世界大会への支援募金

2004年度は、愛の一食運動で集まった浄財を、【2005年スペシャルオリンピックス冬季世界大会】の実行委員会に寄付いたしました。

■スペシャルオリンピックスとは
スペシャルオリンピックスには現在、世界の150カ国以上が参加し、120万人以上のアスリート(知的発達障害のある参加者)が、100万人以上のボランティアに支えられて活動しています。

閉会式で挨拶をする創業者の岩崎輝明

閉会式で挨拶をする創業者の岩崎輝明。

【いのちを守る森の防波堤東北協議会】様へ
「玄米酵素ハウス」を寄贈

森の防波堤づくりのために植樹する苗木を育てるための「玄米酵素ハウス」を寄贈いたしました。

いのちを守る森の防潮堤東北協議会とは
いつ来るかわからない大津波に備え、仙台空港にほど近い岩沼市の沿岸に全長1.4キロメートルにもおよぶ「千年希望の丘」を作り、10万本の植樹を目標とした「森の防潮堤」づくりの活動をしています。

玄米酵素ハウス (左から)社長の鹿内正孝、代理店協栄会 耕納善子会長、東北協議会会長 日置住職

(左から)社長の鹿内正孝、東北協議会会長 日置住職、代理店協栄会 耕納善子会長

文部科学省から表彰されました

株式会社玄米酵素は、平成28年2月に、文部科学省「平成27年度 青少年の体験活動推進企業表彰」の「審査委員会奨励賞(中小企業部門)」を受賞しました。

東京墨田区の「学校支援ネットワーク事業」の支援はじめ、小中学校に講師を派遣し、食育の講演・家庭科の授業・料理教室を行っている活動が評価されました。

  • 文部科学省から表彰01
  • 文部科学省から表彰02

ページトップ